16.8/22 マリオが任天堂関連株に影響 東京株式市況「大引け後」 1ページ目

16.8/22 マリオが任天堂関連株に影響 東京株式市況「大引け後」のイメージ画像

一日、株価が上がる材料のある銘柄を探そうと考えていましたがコツが掴めません。自分で株価の上る材料のある銘柄を探すことができないと株式投資で利益を上がることは絶対にできないでしょう。明日も引き続き材料探しに挑戦しようと思います。

さて、今日も東京株式市場の取引が終了しました。為替が円安方向に進んでる事は日経平均にはプラス材料ですね。さて、今日一日の東京株式市場をみてみましょう。

 前場の様子

寄り付きは先週末比85円高い1万6631円23銭から取引が始まりました。ドル円が100円78銭と100円後半の円安方向に向かってることが期待となって朝から自動車株などに買いが先行しましたが買い一巡後は上げ幅を縮め9時22分にはマイナスに転換する場面もありました。その後は切り返し再びプラス圏入り。積極的に買いをする材料に乏しく小幅高水準で推移しました。

東証1部の騰落数は値上がり1254銘柄に対し、値下がりが568銘柄、変わらずが149銘柄だった。

REUTERS ロイター in 前場
台風9号が関東に来た22日の前場チャート

 後場の様子

14円高い1万6599円で後場寄り付きは始まりました。為替相場でのドル円が円安へ進んでる事以外は材料がなく日経平均の後場は売買が交錯し小幅揉み合いが続き52円37銭高い1万6598円19銭で取引を終えました。2日続伸となります。

東証1部の出来高は14億819万株、売買代金は1兆6278億円。騰落銘柄数は値上がり1412銘柄、値下がり446銘柄、変わらず115銘柄。

MORNINGSTAR in 後場
日経平均は続伸しました。後場のチャート

 大引け後

 業種別

上昇
「陸運業 +26.37」「建設業 +13.93」「ゴム製品 +33.62」「電気・ガス +4.68」「サービス業 +16.87」
下落
「水産・農林業 -20.65」「鉱業 -6.38」「保険業 -3.74」「鉄鋼 -1.91」「繊維製品 -2.24」

 今日の出来事

  • 為替でのドル円が円安に向かってる
  • 寄り付き前の板状況では主力輸出株はまちまち
  • 寄り付きより日経平均は続伸
  • 買い上がる材料に乏しく日経平均は横ばい
  • 日経平均の前場は続伸。円安方向にも関わらず上値が重い
  • 日経平均は方向感なく小動き、商いは閑散
  • 材料に乏しく揉み合い、小幅な値動き
  • 日経平均の日足は方向性が定まらず「十字足」

【~指標一覧~】

日経平均株価
16,598.19 +52.37 (+0.32%)
TOPIX指数
1,303.68 +8.01 (+0.62%)
JASDAQ指数
110.49 +0.46 (+0.42%)
マザーズ指数
902.70 -10.77 (-1.18%)
JPX日経INDEX400
11,715.58 +61.65 (+0.53%)

【~市況概況~】

東証1部出来高
14億819万株 -3億4480万株
東証1部売買代金
1兆6278億円 -3723億円

 最後に

安倍晋三マリオ

本日、安倍晋三総理がリオ五輪オリンピックの閉会式にマリオ姿で登場した。その事が影響したと思われるように任天堂関連株が急上昇。株価が上がる材料と言うのはどこから現れるかわかりませんね。

話は変わりますがアメリカの利上げが注目されています。と言っても8月26日の週末の話です。なので来週の8月29日にはイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の講演が日経平均に大きな影響を与えるかも知れません。

もう一つ!
今日の東証一部出来高が14億円です!もう、お盆は終わったでしょ?夏ダレ相場っていつまでなの?って思っていましたが今日、謎が解けた気がします。答えは、外国人投資家からの売買が少ない事に影響されているようです。

 注目の経済指標発表

  • 8月23日 23:00 アメリカ:新築住宅販売件数の発表

それでは、また明日w

 シェアボタン


フォローボタン

宜しければ是非、フォローしてやってください。