16.8.17 三日ぶり反発。前日比149円高で終えた東京株式市場「大引け後」 1ページ目

16.8.17 三日ぶり反発。前日比149円高で終えた東京株式市場「大引け後」のイメージ画像

こんにちわ。今日も「朝イチ」を書くのをサボってしまいました。

株式投資の勉強を初めて3週間が過ぎました。負けるのには少し慣れて来ました。全然、勝つことには慣れません。また、銘柄を保有し続ける事に慣れません。それは何となく材料がないのに売買している事が原因と考えられます。今後は、株価が上がる材料に対して勉強する必要がありそうです。

さて、日経平均は3日ぶりに反発。日経平均が上がる時は全体的に株価が上がるので勝ちやすいです。下落してる時は勝てる銘柄を探すのが大変。さぁ、一日を振り返ってみましょう。

 前場の様子

日経平均は買い優勢で始まり9時48分に前場の高値となる1万6722円98銭を記録しました。その後、下げ上げを繰り返し前場は、前日比83円38銭高い1万6679円89銭で終えました。

3日ぶりの反発でした。

東証1部の出来高は7億7122万株、売買代金は9098億円。騰落銘柄数は値上がり711銘柄、値下がり1112銘柄、変わらず148銘柄。

MORNINGSTAR in 前場
8月17日の日経平均前場

 後場の様子

後場寄り付きは買いが先行。その後、伸び悩み13時30分に前日比70円高い1万6666円52銭を記録したがドル円が1ドル101円台の円安方向に進んだ事により買いが拡大。14時20分には前日比149円13銭高い1万6755円38銭を記録。この日は149円13銭高い1万6745円64銭で市場を終えました。

東証1部の出来高は17億5182万株、売買代金は2兆728億円。騰落銘柄数は値上がり927銘柄、値下がり919銘柄、変わらず127銘柄。

MORNINGSTAR in 後場
17日の日経平均後場

 大引け後

 業種別

上昇
鉱業+5.92 保険業+4.30 鉄鋼+4.13 石油石炭製品+3.43 銀行業+3.15
下落
建設業-1.17 水道・農林業-1.00 食料品-0.97

 今日の出来事

  • 1ドル99円台だった為替が1ドル101円まで上昇した。
  • 3日ぶり大幅反発

【~指標一覧~】

日経平均株価
16745.64 +149.13 (+0.90%)
TOPIX指数
1311.13 +12.66 (+0.97%)
JASDAQ指数
110.88 -0.45 (-0.40%)
マザーズ指数
929.79 -17.40 (-1.84%)
JPX日経INDEX400
11808.53 +123.99 (+1.06%)

【~市況概況~】

東証1部出来高
17億5182万株 +1億3724万株
東証1部売買代金
2兆728億円 +941億円

 最後に

8月17日の東京株式市場での日経平均は3日ぶりに大幅反発。前日比149円13円高い1万6745円64銭で取引を終えました。為替が99円台から始まり101円台前半まで円安方向に進んだ事で主力の輸出関連株を中心に買い入った事で上げ幅を広げました。

27時に米国で 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨ってのがあります。日本で言う金融政策決定会合にあたる重要な会議みたいです。

NY市場が上昇すればTOKYO株式市場も上場します。楽しみですね。

それではまた

 シェアボタン


フォローボタン

宜しければ是非、フォローしてやってください。