16.08.05東京株式市場に向けて「朝イチ」 1ページ目

16.08.05東京株式市場に向けて「朝イチ」のイメージ画像

おはようございます。今週最後の東京株式市場です。今日は負けないように慎重な動きで売買したいと思います。

今のところ、期待できる材料はありません。なので今日の東京株式市場は為替の様子をみながらがよいと思われます。

期待材料がないと言っても光がないわけではありません。安くかって高いところで売る。相場が下がった時に高いところで売る。

相場が下がるって言うことは低いところで拾えるって事なので下がったら低いところで拾いましょう。

 4日の米国市場

 NYダウ

終値
18352.05
前日比
-2.95
始値
18351.43
高値
18397.87
安値
18325.17

 ナスダック

終値
5166.25
前日比
+6.51
始値
5158.02
高値
5174.00
安値
5145.39
8/4のNYダウ市場

昨日の米国株式市場は英中央銀行(BOE)の政策金利引き下げの影響でNYダウは寄り付きから買いが先行したものの製造業受注指数や耐久財受注がマイナス成長となり直ぐに売りに転じた。

明日、失業率が発表される期待か?大引け後に買い下げ渋りNYダウは2.95ドル安の18352.05ドルとなった。

業種別
半導体・ソフトウェアーが上昇
メディア・保険が下落

 グローバル資金、日本株を売り

4日に財務省が発表した。海外投資家が7月24日~30日に日本株を955億円売りに出している事がわかった。金融政策決定会合に向けての持ち高調整の動きのようだ。

 イギリスの金融政策

英中央銀行のイングランド銀行が大規模な金融緩和を7年5ヶ月ぶりにすると動きがあった。EUから離脱するのか?問題のあるイギリスだが、カーニー総裁は「経済を下支えする」と強調したものの具体的な策が示されていない。

実現されるかはこれからの話しだが緩和策として国債を600億ポンド購入する方向のようだ。銀行への支給供給を約4年間、低利で資金供給を受けれる制度も検討

マイナス金利の導入も視野にしれているとの事だった。

経済見通しで失業率や住宅投資への冷え込みを懸念して色々なリスクに対して考えていくようだ。

 最後に

今日は、ネクシーズ(4346)・DIT(3916)・エボラブル(6191)・オークファン(3674)・イマジカロボ(6879)に注目してます。

東京株式市場が始まるので今日はここまで。

 シェアボタン


フォローボタン

宜しければ是非、フォローしてやってください。