株式投資入門:株価が上がるには材料がある「ドリコム編」 1ページ目

株式投資入門:株価が上がるには材料がある「ドリコム編」のイメージ画像

こんにちわ「ソチャコ」です。小学生の時のアダ名「ソチャコ」響きが懐かしすぎるw

今、東京には3つの台風が近づいているらしいですね。朝、凄い雨でした。台風が通り過ぎるまで家から一歩も出ないぞと思ったらお昼前には晴天。しかし、ゲリラ豪雨。。。最近の天気は難しすぎる。

さて株式投資の話です。最近、株式投資を勉強している私ですが「株価が上がるには材料が必要だ」と教わりました。材料と言っても色々あるみたいで探してくるのが大変なようです。

今日は株価が上がると言われる材料の一つについてお話をします。

 株式投資はギャンブルではない

株式投資をギャンブルと考える人がいるようです。確かに私もそう思っていた時期があります。だって、ボタン一つクリックしただけで次の瞬間に赤字が生まれているんですよ!1時間後には赤字が万単位になる事だって珍しくないんです。画面を見ていて本当にショックだし精神的ダメージが大き過ぎる!株価の事が気になり過ぎて何も手に付かない状態になります。

それは、私が株価が上がる材料など気にせずに適当に上がる根拠のない株を買うことに原因がありました。短期間で売買を繰り返しお金を増やそうとしていたのです。そういう事を「投機」と呼ぶそうです。投機を繰り返していた私ですが2週間で100万円が90万円になってしまいました。2週間で赤字10万円です。。。

この状態では今後、株式投資を続けていてもストレスになるだけだと考え、株式投資の先生に相談しました。

 株価が上がるには材料が必要

先生に言われたんです。

「株を買っておいて、どうして手放すの?」

僕は答えました。

「株価が下がり赤字になるからです。」

先生が言いました。

「株価は上下するものだよ。買った瞬間に手数料がかかるから赤字だ。株価が下がったからと言って手放すのは、その企業の事を信用していないからだよ。材料を見つけて信用してもいいと思うよ。」

との事でした。

 材料とは?

まだ、私も把握していませんが例えば

  • 企業の売り上げがよく、決算報告書で前年より大幅黒字
  • 政府の政策で取り上げられていて資金が流れる事が予想される
  • 為替の動きで恩恵を受ける職種がある

などです。

もう少し具体的に書いてみると

売り上げがよい企業
ポケモンGOの大ヒットで任天堂関連株が上昇
小池ゆりこが東京都知事に当選
都知事が推薦している電線地中化関連株が上昇
円安になれば
輸出に強いトヨタの株は上がりますし円高になれば下落します。トヨタは18兆円売り上げた年があり、その年の比率をみると60%が海外への輸出で売り上げています。要するに10兆円は海外からの売り上げです。為替が1円動くと売り上げが10億円変動します。

 ドリコム

さて、今日紹介したいのは「株式会社ドリコム(3793)」です。何をやってる会社かというと

株式会社ドリコム(Drecom Co.,Ltd.)は、東京都目黒区に本社を置き、モバイル/PC 向けのエンタメコンテンツの企画・提供やマーケティングソリューションの開発・提供を行うIT企業。以前は京都市下京区に本社を置いていた。東京証券取引所マザーズ上場企業。

ウィキペディア in ドリコム

どうして「ドリコム(3793)」を紹介するかと言うと株価が上がると想定される材料があるからです。

 ダービースタリオン マスターズ

ダビスタのスマホ向け最新作が始動

ご存知の方は多いかと思います。馬を育成するゲームでG1を連覇して凱旋門賞に挑戦する感じのゲームです。凄く昔のゲームというイメージがありますがファミコンの時代に発売されスーパーファミコン・PS・Nintendo64・ゲームボーイアドバンス・ニンテンドーDSと発売されていました。

8月15日にダビスタのHPが開設

今週の月曜日にホームページが開設されました。FBやTWのアカウントも作られていてこれから本格的に宣伝が始まると思われます。

ダービースタリオン マスターズのHP

また、ホームページには「8月29日 情報公開」と掲載されています。要するにまだ情報が公開されていません。

 最後に

株価が上がる材料として今回はダビスタのスマホ版を制作する「ドリコム(3793)」を紹介しました。ダビスタ世代ってのが存在すると思います。私もその一人です。なのでダビスタがやりたいって人も多いと考えています。また、昔のゲームなのでダビスタ世代は年齢層が高い事が考えられます。年齢層が高い事で若い子より余力がある事が想定されゲーム内での課金もあると考えられます。なのでダビスタには期待があると考えます。

 買ったとして売るタイミング

株主の自己判断ですが私が思うタイミングを書き出してみます。

株価と言うのは上がった時に売る。下がった時に買うが基本です。素人は上がった時に買う。下がった時に売ると反対の事をして赤字損益を出します。

3793を買ったら売るタイミング

株価は絶対に上げ下げします。8月29日の情報公開で必ずダビスタ期待と共に株価は上昇すると考えています。8月29日の情報公開が一つの材料です。情報公開されたら売るタイミングと言う考え方です。

その後、ゲームをDLしてみて実際に面白いか?などを検討して下がってきた所で再度購入する感じです。

欲を出すと赤字を生むことがあります。株価が上昇したタイミングで利益確定売りをする必要があります。

株と言うのは売らないと変動を続け利益が確定しません。売れば変動する事がなくなり利益が確定するものです。

 ドリコム成長中

ドリコムの日足チャート

ダビスタの話を主にしましたがドリコムはダビスタ以外にも沢山のスマホアプリを開発・制作しています。株価も上昇していますので未来がある企業と考えてもおかしくありません。ダビスタではなくドリコムに株式投資するのも良いかも知れませんね。

詳しくは ドリコムHP

 私も買ってます

ドリコムの300株保有してます

私がダビスタを期待して信じているので今回、このようなドリコムを応援する記事を書きました。実際に何もしないでパソコンの画面を見ているだけで黒字を産んてくれています。

株式投資と言うのは知識がないと難しいと思いますが情報を入手できるかどうかが勝負となってます。ダビスタのスマホ版が出るってのが今回のドリコムへの投資の鍵です。

まぁ、そんな感じで月曜日までTOKYO株式市場はお休みです。来週の月曜日からまた、株式市場と向き合います。

あ、それと株式投資に興味をもった人がいたら、まずは証券口座を開設しないとなりません。是非、証券口座手数料比較も参考にしてください。

それでは、またw

 シェアボタン


フォローボタン

宜しければ是非、フォローしてやってください。