株式投資する銘柄を決める3つのポイント 1ページ目

株式投資する銘柄を決める3つのポイントのイメージ画像

先生に教えてもらった事を忘れないうちに書きます。

株式投資する銘柄を決める基準は3つあるとの事です。その3つとは?

 材料

ニュースや決算情報で株価が大きく変化します。アンテナをはって情報収集する事で株式投資で上手な資産運用が可能になります。

 16.07.28 ニチハの決算報告の場合

まだ、決算報告書の見方がわかりませんがニチハの決算報告が調子良かったみたいです。

14:30に決算報告されたのですが報告の情報が出た瞬間から15分ぐらいで1770円から2071円(+301)となりました。

これは短期投資型の人に向いている方法です。

決算報告書の見方を覚えないといけませんね。

 テクニカル

この方法は画面のグラフとニラメッコする必要のある方法です。株式市場が動いている時間に仕事などの理由で画面に貼り付けない場合は使えない方法です。

 移動平均線(いどうへいきんせん)

移動平均線のイメージ

今日、教わったばかりで上手に教える事ができませんが「支え」と「フタ」がキーワードです。

少しGoogle先生に聞いたら正しくは「支持線」と「抵抗線」と呼ぶようです。

詳しく知りたい人はGoogle先生にきいてね

 一目均衡表(いちもくきんこうひょう)

一目均衡表のイメージ

上記も、まだ解説できません。

だけど購入する銘柄を決めるのに大変、役立つツールです。

このツールを「一目(いちもく)」と呼びますが一目で大切なのは「雲(くも)」の存在です。

  • 曇っている
  • 雲の中
  • 晴れている

って状況が存在するみたいです。購入した株式が晴れていると良い方向だと思いますよ。曇る前に売っちゃいましょうw

 ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドを表してます

ボリンジャーバンドにはギリシャ文字!シグマ(σ)って記号が使われます。

  • +3σ
  • +2σ
  • +1σ
  • MA
  • -1σ
  • -2σ
  • -3σ

の順番です。

  • ボリンジャーバンドの±1σの範囲内に収まる確率・・・約68.3%
  • ボリンジャーバンドの±2σの範囲内に収まる確率・・・約95.4%
  • ボリンジャーバンドの±3σの範囲内に収まる確率・・・約99.7%
株の達人 in ボリンジャーバンドの見方・使い方

上手に説明できませんが統計学が関係あるようです。

 ロウソクも理解しよう

これを覚えると株式チャートの見方が大きく変わってくるよ。

だって知らないと全然意味わからないと思うし、難しくないから簡単に覚えれると思うよ。

ただ、俺は上手に説明できない(笑)

ロウソクの見方1
陽線
買いシグナル
陰線
売りシグナル

もっと知りたい人はGoogle先生に聞いてね

 ファンダメンタルズ

ファンダメンタルズ分析の資料

正式には「ファンダメンタルズ分析」となります。なんなのか?

株式投資を考えている銘柄の企業について分析するって事です。

何を分析するのか?

業績だったり、資産だったりです。

計算の仕方や考え方があるようです。

上記と同じように詳しく知りたい人はGoogle先生にきいてください

 最後に

今日、教えてもらったばかりなので慣れない言葉ばかりですが、今後トレードをしようとするなら覚えろという事なので勉強しなきゃです。

それでは、またw

 シェアボタン


フォローボタン

宜しければ是非、フォローしてやってください。